新しい家の購入で家族と相談した内容

過去に新しい家を買うという話題で色々と話をしました。その時は家族が集まってどういった家が良いかという話題に集中しました。自分も意見を出して結局は今のリフォームした家の参考になったので良かったです。

新しい家はできるだけ設備も最新のものであるべきだと思います。ここでは長く住めることが重要なので現代の技術を多く導入します。そして快適な生活ができれば問題なく購入することができます。

新しい家の費用は借金をして集めるというのが普通の方法です。ここでは仕事を継続していつか新しい家のお金を全て返します。生涯に渡ってそういったお金を返す場合には計画性も重要だと言われました。

家族は新しい家のアイデアを幾つも持っていたので実際に市場を見ました。そこでは最新の設備が揃った家が多かったので衝撃でした。特に発電や低コストの家の仕組みなどは面白い部分でした。

そういった事実を考えて新しい家の相談をした時は楽しかったです。
ただ、そこで思ったのは新築をしなくても、今の家をリフォームするだけで新しい家と変わらないくらい快適になるということです。
もともとこの家は注文受託で立てたので基礎もしっかりしているし材質もいいものを使っていたのです。下手に作りなおして易い材質を使うよりよっぽど耐震性も有りました。

まず、水回りの台所とお風呂をメインにリフォームをしました。

また冬寒いので、断熱性を高める家づくりをめざしました。
まず「床がどうなっているのか」を考えました。フローリングの床だったので、カーペットを敷くとか大きめのじゅうたんを敷き詰めて断熱性が上げようということになりました。

何も工夫していない床のままでは冬は寒さが身にしみるでしょう。日本の冬は寒さが身に堪えます。体の芯から冷える季節がやってくる前に、床だけでも夏のままではなく冬用にチェンジした方がいいです。

「フローリングの床をスリッパをはいて歩くから身体は冷えない」という人がいますが、そういう問題じゃありません。家の断熱性を高めるためにも、フローリングの床のままではなく何か敷くと良いのです。特に高級なモノじゃなくてもかまいません。

気温が低くなる三・四か月の間使えればいいので、すぐにしまうことが出来るカーペットを買いました。

そして最後に家の壁紙を全部変えて模様替えをしたら、新築のようになって、さらに費用もかなり抑えることが出来ました。

それだけで十分家の機能が優れているので高水準の生活ができるようになりました。

<特別サポート>
英語上達の秘訣|スマホアフィリエイト|英語上達の秘訣|工務店向け集客ノウハウ|ライブチャット|お小遣いNET|JALカード|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|内職 アルバイト|ページランク ランキング|サイドビジネス|家計見直しクラブ|超SEO対策|マッサージのリアル口コミ.com|