断熱性の高い家づくりをするために注意するポイント

断熱性の高い家づくりをするためには、どうしたらよいのでしょうか。まず、住宅の構造物のなかで、もっとも熱を伝えにくい構造材を利用するべきでしょう。もっとも熱を伝えにくい構造材は、コンクリートや鉄かと思う方が多いとは思いますが、意外と木材なのです。

さて、熱の伝わりにくい木材を構造材にしたことで断熱性の高い家になったかといえば、これだけでは完璧ではありません。住宅において熱の出入りがもっとも多い場所が窓です。そのため窓を対策する必要があります。断熱性を高める窓としておすすめするのが「Low-E複層ガラス」です。高い断熱性を期待できます。

また、隙間のない施工精度も重要になってきます。施工の段階で隙間が空いてしまえば、せっかくの断熱材であっても効果が薄れてしまいます。そんなもったいないことが起きないように、きちんと隙間を埋めておかなければなりません。

これらの点がしっかりしていれば、快適な暮らしを約束してくれる断熱性の高い家づくりが実現するでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク