木造の家の特長と断熱性能

家作りをするとなると、様々な選択肢が浮上します。
その1つは、住宅の素材ですね。熱が伝わりやすい素材もあれば、そうでない素材もあります。
ところで多くの方々は、住宅の断熱性に興味を覚えているのです。その性能を高めるとなると、やはり上記の素材に注目するのはとても大切ですね。
結論から申し上げれば、断熱性を高めるための家作りをする為には、木造がベストだと考えられます。
なぜなら熱伝導率が低めになっているからです。住宅を建設するとなると、3つの選択肢があります。木造とコンクリートと鉄なのですね。
その3つの素材の中では、熱の伝導率が一番高いのは鉄です。ちなみに熱伝導の数値が高い方が、住宅の中は暑くなりやすいですし、寒くもなりやすいです。
逆に木造の住宅の場合は、伝導率が非常に低いので、断熱性能は優秀な傾向があります。
ですので断熱性に優れている住宅を建設したいと思うのであれば、木造住宅などは候補の1つになるでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク